主婦が旦那に内緒でお金を借りるには?

★主婦だけど生活が苦しくてお金を借りたい・・・

 

旦那に内緒でカードローンを利用したい…と思っている主婦の方も多いと思います。生活費や教育費、子供の習い事など様々な場面でお金が急になる場合が出てくるでしょう。そこで1枚銀行カードローンを持っていれば、安心してその時にお金を借りることができます。

 

基本的にはこんな感じです
  • 主婦だけどパートはしている方問題なく借りれます。
  • 専業主婦で無収入の方借りれる会社は限られてきますが借りれます。
旦那にばれないように借りるには?

専業主婦の場合は、配偶者の収入証明書が必要だからどうしても旦那さんに見つかってしまう…と使いたくても利用できない人もいるかもしれませんが、銀行カードローンの中には専業主婦だとしても収入証明書を出さずに、申し込みをすることができる銀行もあります。

 

ですので、本人確認書類(運転免許証や保険証やパスポートなど)の1点のみでOKです
これなら夫にバレることもなく、銀行カードローンを利用することができるでしょう。

 

ただし主婦の場合は融資額が低くなる

主婦の場合は借りる事ができますが、「融資額」がかなり抑えられてしまいます。通常の銀行カードローンは融資額が500万円以内とか、かなり幅が広いですが、主婦や専業主婦の申し込みになると大体10万円〜30万円が限度となっています。

 

融資額が大幅に減ることになりますが、少しでも借りることができるならば問題ないでしょう。また、“借りすぎる”ということもありませんので、返済に困ることもなくなります。

 

★主婦・専業主婦が借りるなら銀行カードローンで!

 

主婦の方がお金を借りる場合、いわゆる消費者金融系(プロミス・アコム・モビットなど)では年収の3分の1までしか借りれない総量規制という法律があります。

 

自分がパートで年収45万だったら、その3分の1の15万円が限度。専業主婦の方は無収入なので、法律により貸し出しは100%不可能となっています。

 

ですが、銀行カードローンの場合は銀行法が適用されるので、上記の法律は関係がありません。なので年収制限もなく、無収入の専業主婦であっても申し込みができるってわけです。

 

↓主婦でも借りれるカードローン一覧はこちら↓


主婦や専業主婦でも借りれるカードローン一覧

お金を借りるために必要な物は

免許証、保険証、パスポートなど

※収入証明書類は100万円以上借りる時などに必要になってきます

  • 来店不要で自宅にいながら借りれます
  • 収入証明書の提出も不要で借りれます
  • 本人確認書類の提出もスマホやPCなどで簡単

限度額

年率

収入証明書

三菱東京UFJ銀行カードローン
1万〜500万
主婦:30万以内
4.6%〜14.6% 100万未満不要
じぶん銀行カードローン
1万〜500万
主婦:30万以内
3.9%〜17.5% 300万未満不要
ジャパンネット銀行
1万〜1,000万
主婦:審査で決定
2.5%〜18.0% 200万未満不要
新生銀行カードローン レイク
1万〜500万
主婦:30万以内
4.5%〜18.0% 100万未満不要

★最もオススメなのが三菱東京UFJ銀行カードローン

 

主婦や専業主婦でも受け付けているカードローンはあまり多くないですが、その中でも大手銀行なのに対応している三菱東京UFJ銀行カードローンさんが人気。

 

やはり大手銀行なので安心して借りられるのが良いですね。しかも金利も他社より低くなっているので、まずは三菱東京UFJ銀行カードローンで借りるのがベスト。

年収制限はあるけどパートしてるなら消費者金融でもOK!

限度額

年率

収入証明書

アコム
1万〜500万 4.7%〜18.0% 50万未満不要
アイフル
1000円〜500万 4.5%〜18.0% 50万未満不要
プロミス
1万〜500万 4.5%〜17.8% 50万未満不要

主婦でも借りれる銀行カードローンのメリット・デメリット

上記の表の様に主婦や専業主婦でもお金を借りれる銀行カードローンはいくつか存在しています。収入が少ない主婦やまったく収入がない専業主婦でも利用することができるのは嬉しいですね。

 

嬉しさのあまり、銀行カードローンの知識なくしては上手に利用することはできませんし、逆にハプニングの元となってしまいます。銀行カードローンのメリット・デメリットについて把握しておきましょう。

 

【主婦でも借りれる銀行カードローンのメリット】
  • 運営が銀行という安心感がある
  • 消費者金融の金利と比べてかなり低金利
  • 即日融資にも対応しているので、いざという時に便利
  • 月々の返済額が少ない

 

金融会社は銀行と消費者金融のどちらかに分かれることになりますが、銀行は私たちの生活の中でも欠かせない存在であり、安心感があります。

 

大手銀行ならばなおさら安心してお金を借りることができるでしょう。
消費者金融よりも銀行を選ぶ方が多いのは、安心感からきているのかもしれません。

 

また、銀行カードローンの場合、低金利でお金を借りることができます。

 

専業主婦の申し込みの場合は、普通の金利よりも少し低く設定されている銀行もあります。主婦の方の場合は収入がない分、融資額も低いので月々の返済額も少ない額から決めることができるのもメリットのひとつです。

 

【主婦でも借りれる銀行カードローンのデメリット】
  • 融資額が低く設定されてしまう

 

以前まで、銀行カードローンのデメリットは、申し込みから融資まで時間がかかってしまう点が挙げられていたのですが、今では改善されています。即日融資が可能な銀行が増えてきており、消費者金融と変わらなくなってきています。

 

デメリットが改善され始めたことでますます、銀行カードローンの利用者が増えてきているのが現状です。デメリットではないですが、主婦の場合は融資額が低く設定されてしまうのはちょっと辛いですね。(※主婦でも借りれるだけとても有難いですが)

 

融資額が低い分、使用範囲は狭まってしまいますが、主婦の場合は利用範囲がそこまで広くはないでしょう。足りなくなった生活費に充てたり、教育費、子供の習い事に使ったりと大金を使うような機会はありません。

 

融資額が低い分、借りすぎの予防にもなるのでデメリットかつメリット点になります。

 

専業主婦はどのくらいお金を借りる事ができるのか?

 

銀行カードローンには必ず“融資額”が設定されており、収入によって融資できる限度額は変わってきます。一般的に社会人が利用できる銀行カードローンの融資額は100万円〜500万円ほどとなっています。(※ジャパンネットなどは1000万円まで)

 

しかし、収入がない専業主婦の場合の融資額は、サラリーマンと比べると大きく差が開いています。

 

専業主婦の融資額は、ほとんどの銀行で10万円〜30万円ほどです。
なぜこのような差が開くのかというと、「安定した収入がない」からなのです。

 

銀行カードローンの利用条件は「安定した収入がある20歳以上の方」と表示されていますが、専業主婦は働いていないので収入がありません。収入がない=返済能力がないと判断されるため、金融会社は大きい金額のお金を貸さないのです。

 

銀行の中には不要なケースもありますが、銀行カードローンを専業主婦が利用する場合、配偶者の収入証明書が必要となります。銀行は配偶者の収入証明書をみて判断することになるのです。

 

自分がいくらまで借りれば返済をしていけるのか、ということもきちんと把握して利用しなければなりません。計画的な返済をしていくためにも主婦にとって適切な融資額となっています。


主婦がお金を借りるなら知っておきたい有効的な利用方法

いざという時に必要なだけのお金を引き出すことができる「銀行カードローン」を主婦が上手に利用する方法があります。

 

主婦の銀行カードローンは融資額が低いというメリットがありますが、使い方によっては有効活用できるものとなっています。それでは、どのような方法があるのでしょうか。

 

1度で借りたお金を返済してから借りる

銀行カードローンは1回の使用が限度額を超えなければ、何回でも使うことができます。
よって、使えば使うほど借金も返済額も増えていくことになります。

 

返済額が増加すれば、返済期間も長くなり、その分元金にかかる金利も大きくなっていくでしょう。主婦は収入が少ないので返済のことはしっかり頭に入れて使用しなければなりません。

 

1度で借りたお金を必ず全額返済してから、再び使うようにしましょう。

 

返済計画を立てる

銀行カードローンの上手な利用は、返済計画を立てることです。

 

借りたお金を何ヶ月・何年かけて返済していくのか、毎月どのくらいの額を返済していくのか、しっかり考えた上で借入れを行いましょう。返済計画を立てなかった主婦が返済に追われてしまい、毎月の生活費を削るしかない状況に追い込まれたこともあります。

 

返済が滞ってしまうとその後の利用ができなくなる可能性もあるので十分に注意が必要です。返済計画は非常に重要なものとなります。

 

夫に内緒で借りる

銀行カードローンの利用を配偶者である旦那様にバレたくない専業主婦の方は、収入証明書が不要な銀行カードローンを利用すると良いでしょう。旦那の収入証明書を用意する必要がないので旦那にばれる事がなく安心してお金を借りる事ができます。